ひとひろ

日常より、もう少し深いところへ。ひびのこと、たびのこと、ならのことを綴ります。

ひとひろ

【おそとのええとこ】鈴蘭を探しに【奈良/都祁吐山】

f:id:koucredo:20190607200615j:plain

こんにちは、ゆのじ(@hiromyarm)です。
奈良に来て、季節の移ろいをさらに大切に、愛おしく感じるようになりました。
でも花の盛りはひととき。
ずっと見に行きたかった花に、ようやく会いに行くことができました。

都祁吐山に、ひっそりと咲く

今回目指したのは、奈良市の都祁吐山(つげはやま)町です。
以前、葵ちゃんと日本酒造り体験をしにいった場所です。

www.hito-hiro.com

ここに、初夏を告げる可憐な花が咲いています。

鈴蘭を見に行こう

季節の花を見に行こうシリーズを定期的にやっているのですが、今回は鈴蘭を。
(にーさん曰く、半夏生が一番ディープ回だったそうです)

www.hito-hiro.com

針インターから10分ほど車を走らせたところに、吐山スズラン群生地があります。

駐車場は群生地の近くにないので、公民館の駐車場に。
そこから徒歩15分くらい歩くと、看板が。

f:id:koucredo:20190607200739j:plain

f:id:koucredo:20190607200822j:plain

ま、まだ上り……となりますが、のどかな風景を眺めながらぼちぼち歩きましょう。
途中にある民家で、おじさんがもう少しだよと教えてくれました。

f:id:koucredo:20190607200759j:plain

看板がちゃんと立ててあるので、迷子にならずに行くことができました。

f:id:koucredo:20190607201017j:plain

田んぼが途切れ、突如として、森。
鈴蘭を見に行くのだからと夏らしいワンピースで来たことを全力で後悔しましたが、もうそんなに遠くないので大丈夫。

清涼な香りに誘われて

ふと、鼻先をかすめる清涼な香り。
本物の鈴蘭の香りって、こんな感じなんだ。
鬱蒼とした森の中、ひっそりと。

f:id:koucredo:20190607201150j:plain

まさに、小さな鈴のような。
風が吹けばちりりと鳴りそうな、可憐な花が咲いていました。

f:id:koucredo:20190607201134j:plain

薄暗い場所だからこそ、その白が映えます。
鈴蘭には毒があると言いますが、可愛い姿だからこそのギャップが愛おしい。

初夏の楽しみ、またひとつ

f:id:koucredo:20190607201332j:plain

大切に守り育てられてきた可憐な花。
これからもひそやかに咲き続けてゆくことを願います。
初夏の楽しみがまたひとつ増えました。
季節を感じながら、のびのびと奈良で暮らしたい。
そんな気持ちを再確認した、のんびりとした休日になりました。
読んでいただき、ありがとうございました。

ゆのじ